着物処分したい

着物処分したい

着物処分したい

家のタンスの中や押し入れの中に、ずっと着ていない着物があるという人はいませんか。

 

タンスの中や押し入れの中を整理していて着物が出てきたけど、そのまま置いておこうか処分しようか悩まれていませんか。

 

その着物、捨ててしまうのであれば他の方法で利用できないか考えてみてください。

 

最近は着物を新しい洋服に生まれ変わらせてくれるサービスなどもありますし、お裁縫が得意であれば、着物から洋服を作ってみたり、小物を作ることだってできます。

 

形見の着物だったり、思い入れのある着物だったら捨てるのはもったいないなと思いますよね。

 

その場合はこのように新しい形で残してしまうのも1つの方法です。

 

ずっとタンスや押し入れで眠らせているよりも活用されていますし、ずっとタンスや押し入れの中に入れているといくら保管状態が良くても多少は傷んできます。

 

使ってあげたほうが着物のためです。小物や洋服を作る場合、もし着物の一部に汚れている箇所や傷などがあっても、そこを避けて生地を使う事ができますね。

 

質の良い着物で作る小物や洋服は上品に仕上がりますよ。作り方を紹介している本もありますので、ぜひ探してみてください。

 

残しておくつもりが無い着物で、捨ててしまおうと考えているのであれば捨てるのはちょっと待ってください。買取してもらえる可能性があります。

 

現金に変えられるなら捨てるよりお得ですよね。汚れている着物や傷のある着物でも着物は売れるものが多いのです。捨てずに査定に出してみましょう。

ネット買取で着物は売れる

自宅に査定員さんに来てもらうのはちょっと・・・という人もいるでしょう。忙しくてお店に直接行けないという人もいると思います。

 

そんな人たちが利用しているのがネット買取になります。宅配買取の方法はとても簡単です。査定してもらいたい品物を送るだけです。

 

まずは電話で宅配買取の申し込みをお願いします。電話口の担当オペレーターさんに品物の詳細をお伝えします。

 

今回であれば着物ですね。帯などがある場合はそれも伝えます。汚れの有無なども伝えておきましょう。

 

あとは質問された事項にもお答えください。それから宅配査定書類が自宅に届きます。そこに必要事項を記載していきます。

 

査定して欲しい品物と申込書を一緒に送ります。この際に、本人確認書類も送付が必要です。

 

運転免許証や健康保険証、パスポートなどの写しを用意しておきましょう。査定結果は、電話やメールで送られてきます。

 

査定では、傷や汚れが無いか、ニオイが無いかなどを中心に見られます。

 

宅配買取で査定をお願いした場合、その査定額に納得ができないとなると返送料が発生してしまうケースがあります。事前に確認しておいてくださいね。

 

どんな値段でもそこに売るというのであれば良いのですが、複数の買取業者さんに査定をお願いしていて一番高いところで売ると考えている場合、返送料がかかるとその分マイナスとなってしまいます。

 

金額は振込となるので、指定した口座に査定額が振込される形になります。何日後に振り込まれるのか確認しておきましょう。

page top